FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[親指シフト]USB改造キーボード一覧

往年の親指シフトキーボードをUSB接続で最新のWindows、MACで使用できる様に改造したキーボードの一覧です。
キーボードのスイッチ、配線基板はそのままに制御回路とエンコーダファームを作り変えています。
[親指シフト] 親指S鍵盤使用手引
※かな文字の入力方法はNICOLA親指シフトですが、かな・英数の切替方法、機能キーの配置などはもとの親指シフトキーボードとは異なっています。

ASkeyboard
ASkeyboard

Rboard
Rboard

KB211
KB211+1

Rboard Pro for PC と Rboard Pro for MAC
Rboard Pro for PC,Mac

KB611 と KB613
KB611,KB613

OAshift98 親指君
OAshift98 親指君

ワープロOASYS用(後期)
ワープロOASYS用(後期)

ワープロOASYS用(前期)
ワープロOASYS用(前期)

富士通パソコンF9764用
機種不明(富士通パソコン用)

スポンサーサイト

[親指シフト]親指シフトキーボードを造る(試作1号)


2018.01 筺体を作り直しました。
上面左側面103-1003

右側面底板制御基板取付け


エルゴなesrilleキーボードも快適に親指シフト入力できますが、オーソドックスなキーボードも捨てがたいものがあり試しに1つ造ってみました。
USB接続するだけで、親指シフト入力できるのでJAPANISTややまぶきなど、持ち込みソフトがインストールできない職場のPCに繋いで、快適に使っています。

01完成

esrilleキーボードに倣って、個人的にも使用していないキーを排除してコンパクト型にしました。
FKB8579-661サイズを目標にしましたが、ファンクションキーは独立型が好みなので、その分ちょっと大きめです。
Rboard for Macをesrilleファームに変更したとき、ちょっと不便に感じたのが日本語モードON/OFFのキー位置でした。
無変換、変換キーの両側に日本語モードON/OFFのキーを配置しスムースにモード切替ができる様にしています。
0201親指キー周り0202 比較
キー配列は2次元 CAD Jw_cad を使ってあれこれ悩みながら決めました。
左手で操作したいので、カーソルキーは左側に配置しています。
03完成(裏)04キー配列設計
キーボードのサイズがA4より少し小さめなので、 CADで描いたキー配列図をそのまま型紙にして、マウント板に穴を
開けています。
ベークライトは部品取りしたキーボードの廃材を流用しています。
05マウント板06べーク板
キースイッチはALPS黄軸です。マウント板、ベークライト、ALPS軸を組立てリード線で配線します。
07スイッチ組立08配線
親指シフト刻印ではありませんが、以前からキータッチが気に入っていたMACのM0115のキートップを流用しました。
07キートップ

※製作メモ

製作期間:着手から完成まで8ヶ月(延べ6ヶ月中断あり)

購入部品:
制御用マイコン+電子部品一式 約1,000円
アルミ板300mm×400mm×1.2mm厚 約2,000円(ふたつに切断して半分使ったので実質1,000円)

手持ちのジャンク部品:
キースイッチ(ALPS黄軸)96個 50円×86=4,300円
キーキャップ一式 部品取りしたキーボードの余り物なので0円
ベークライト      同上
リード線         使わなくなったLANケーブルを捌いて調達したので0円

トータルで製作費用は6,300円+α(手間暇は趣味なのでコスト外)

[親指シフト]親指S鍵盤ファームSW設定手順

親指S鍵盤ファームのSW設定キーをF1~F9キーのFn面に割付けていましたが、F1~F12キーが無いコンバクトキーボードでは、文字キーのFn面に割付けることになり誤操作で意図せずSW設定が変わってしまうリスクが高くなるため、
割付方法を見直し以下の様に変更しました。



01エディタ起動SWの設定は、キーボード操作だけで可能ですが、設定内容を確認しながら行うためにメモ帳などのテキスト・エディターを利用します。

 


テキスト・エディター起動後に、IMEを英数モードにしてください。
02設定表示

◆SW内容の確認

現在のSW内容はFnキーを押しながらESCキーを押下すると、テキスト・エディターに表示されます。
03SW選択

◆SW選択


FnキーとCtrlキーを押しながらENTERキーを押下すると、テキスト・エディターに順にSW1と表示されます。


続けてFnキーとCtrlキーを押しながらENTERキーを押下するとSW2と表示されます。この操作を繰り返すと順にSW3、SW4 … SW8が表示され、もう1回操作するとSW0に戻ります。


変更するSWが表示されるまでFnキーとCtrlキーを押しながらENTERキーを押してください。
03SW1~3設定03SW4~6設定03SW7~8設定

SW1の設定


テキスト・エディターにSW1と表示されていることを確認し、FnキーとCtrlキーを押しながら"]"キーを押下するとSW1の値(SW1:mac)が表示されます。もう1回操作するとSW1:WINになります。

 


SW2の設定

SW2が表示されるまでFnキーとCtrlキーを押しながらENTERキーを押下します。

続けてFnキーとCtrlキーを押しながら"]"キーを押下するとSW2の値が表示されます。設定したい値が表示されるまでFnキーとCtrlキーを押しながら"]"キーを押下します。

 

SW3~SW8も同様の操作で設定します。

[親指シフト]MINILAの制御基板を親指シフト用に改造

[親指シフト]MINILAのSPACEキーを2分割して親指シフト(cherry赤軸+ALPS黄軸) - かもめ~る通信
の続きです。

MINILAの制御基板を親指S鍵盤の制御基板に交換しました。

01MINILA完成
見た目は変わりません。
02MINILA背面
USBポートはありません。
03MINILA制御部
オリジナルの制御基板です。コンパクトに作られていますが左側に大きな空きスペースがあります。
04MINILA制御部改造
汎用基板で親指S鍵盤の制御部を作り空きスペースに収めました。
05MINILA USB2
ケーブル接続用のミニUSBはホットボンドで固定しています。
06MINILA配線2
キーボード部の配線パターンはそのまま使えますが、スイッチング・ダイオードは+と-が逆向きなので、付け替えました。

07MINILAマトリクス

親指S鍵盤はパソコン側の設定はそのままで、キーボードを繋ぐだけで親指シフト入力ができるので、
出掛けた先でパソコンを借りて使うときに重宝します。
試したことも、行ったこともありませんがネットカフェのパソコンでも使えると思います。

[親指シフト] 親指S鍵盤使用手引

キーボード本体で親指シフト入力ができるUSBキーボードのファームを作成しました。
既存の親指シフトキーボード(RboardPro、KB211、KB611、ASkeyboardなど)のコントローラをPICに交換改造して実装します。改造した親指シフトキーボードを『親指S鍵盤』と名づけました。

以下使用手引です。

【特徴】
  USBキーボードが使えて、ローマ字入力可能な環境であれば、親指S鍵盤をUSB接続するだけで親指シフト入力ができます。
※Windows7、Mac OSX yosemite、Linux mint17で動作実績があります。

【基本操作】
・CapsLock(英数)キー押下でキーボードのかなモードがOFFになります。
・設定により左右の親指シフトキーまたは無変換キーの単独押下でキーボードのかなモードがONになります。
・かなモードのとき、Shiftキー+文字キーで英字入力できます。

【標準キー配置】 画像をクリックすると別窓に拡大画像を表示します。
親指S鍵盤キーレイアウト
キーボード設定
  より快適に使用するために、利用環境に合わせた設定ができます。

以下の操作はかなOFF状態にして行ってください。

【設定内容の表示】
メモ帳などのテキストエディタを開きます。
Fnキー+F1キーを押下します。
メモ帳にキーボードの設定情報が表示されます。

oyaubi s kenban
rev. 1
ver. 0.09
copyright 2013, 2014 esrille inc.
f2:sw1 win
f3:sw2 m-sp
f4:sw3 non
f5:sw4 d24
f6:sw5 caps

設定変更はScroll Lock ONのとき、可能となります。(誤操作防止のため)
メモ帳などのテキストエディタを開きます。
Fnキー+F2~F6キーを設定する値が表示されるまで繰り返し押下します。

【f2:sw1 IMEのON/OFF連動キー指定】
キーボード本体のかなON/OFFとIMEのON/OFFを同時に行うためのキーコードを選択します。
選択したキーに合わせて、IMEのキー定義にIME ON/OFF動作定義を追加してください。
win以外を選択した場合、CapsLock ON/OFFはFn+CapsLockキー押下で行います。
SW1IME ONコードIME OFFコード備考
winひらがなCapsLockWindowsシステム用
macかな英数Macシステム用
f13-14F13F14Google日本語向き
bs-spCtrl+Shift+
BACKSPACE
Ctrl+Shift+
SPACE
その他環境用
a-spALT+SPACEALT+SPACEその他環境用
zenkaku半角全角半角全角その他環境用


【f3:sw2 かなONキー選択】
キーボード本体をかなONにするキーを選択します。
無変換キーでかなONにする場合は、かなOFFのときの親指シフトキーの使い方を合わせて指定します。
SW2かなONキーかなOFF時の
親指シフトキー
備考
oya親指シフトキーかなONかなON
m-sp無変換SPACE富士通親指シフト仕様
m-non無変換空打ち

【f4:sw3 無変換キー・変換キーの読替え】
SW3無変換キー変換キー備考
non無変換変換デフォルト
ent-spEnterSPACE無変換・変換コードが使えないシステム用


【f5:sw4 同時打鍵の遅延時間】
文字キーと親指シフトキーの同時打鍵判定の遅延時間(0msec〜48msec)を12msec間隔で指定します。
初期値はd24(24msec)です。特に誤打鍵がなければ初期値のまま使います。

【f6:sw5 左Ctrl、CapsLockの配置】
Aキー左をCtrlキーにするかCapsLockキーにするかを選択します。
SW5Aキー左左下備考
capsCapsLockCtrlデフォルト
ctrlCtrlCapsLock


【f7:sw6 IME種類】
使用するIMEの種類を指定します。
かなONのとき一部の記号はIMEのローマ字テーブルに登録する必要があります。標準IMEはGoogle日本語です。
SW6IME種類備考(ローマ字テーブル登録が必要な記号
googGoogle日本語『』
atokATOK,.・[] 注)『』は登録不可
msMS-IME
JAPANIST
登録不可(単語登録で代用)


【f8:sw7 後退・取消キー】
富士通の親指シフトキーボードはKB211風とKB611風で後退・取消キーの動作が異なります。
また:(コロン)と@(アットマーク)の位置が異なります。
SW7後退キー取消キー@と:の位置備考
kb211かなOFFの時:かなOFFの時]Pの右隣が@
kb611常に後退常に取消Pの右隣が:RboardProも同型 
else常に後退かなOFFの時]Pの右隣が@ 


NumLockのLEDはありません。
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。