You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[親指シフト]親指シフトキーボードを作る(Acer106 テンキーカット)

以下の画像はクリックすると別窓で大きな画像が表示されます。
①完成形テンキーレス親指シフトキーボード完成
かねてから試してみたいと思っていたテンキーカットに挑戦してみた。
素材はACER6316 106日本語キーボード。
kbd_MyboomACERテンキーレス化が大変参考になり、形だけは難なく完成。
どこかで基板を傷めてしまったらしく、PCに繋ぐとF2キーがON状態のままになり実用には耐えないものになってしまった。
もう一台同形のキーボードがあるので、折りを見て基盤とケーブルを交換する予定。
12月23日追記
その後、基板、ケーブル、メンブレンシートを取り替えてみたが不具合解消ならず。2週間あれこれ試行錯誤を繰り返しやっと原因が判明。下側のメンブレンシートの配線を基板に接続するために上側のメンブレンシートの配線にブリッジする部分がメンブレンシートを折り返すことでずれてしまい、ショートしていた。上側の該当配線部分を切り取り直接下側メンブレンシートの配線に貼り付けたら、正常に使えるようになった。ALPS緑軸と較べると打鍵感はいまひとつだが、しばらくメインキーボードとして使ってみることにする。クリック感を演出する板バネを除去した押下圧40gのリニアタッチなので、軽快に親指シフト入力ができる。
②黄ばみとり(retr0brite)キートップretr0brite日光浴retr0brite乾燥中retr0brite前後  まずは、黄ばみ取り
左の写真は4枚独立しています。それぞれのサムネイルをクリックすると大きな写真を別窓で表示します。

日光浴は1週間。3日は雨や曇りだったので日照時間は4時間×4日程度。途中で原液追加はしなかったが、側面も綺麗に黄ばみが取れている。
③親指シフトキートップ移植親指キートップ移植前親指キートップ移植後  このキーボードの軸はACER独自の軸だが、キートップはALPS軸キートップと互換があるので、PC98用親指シフトキーボード(Dbord sono1 ALPS黄軸)のキートップを移植。
④親指シフトキー作成親指シフトキー作成  親指シフトキー作成
背高の親指シフトキーが移植できるといいのだけれど、形状が合わないので、無変換・スペース・変換キーを加工。
  まずは、スペースキーを真ん中で切断。切断線のけがきはマスキングテープで代用。
  切断したキートップを無変換・変換キーにエポキシパテを使って継ぎ足す。パテが余ったので、Enterキーの内側に着けて重量化。
⑤親指シフトキー装着親指シフトキー完成  仕上げ
エポキシパテが硬化したあと、はみ出した部分を削り取り成形。もともと色の違うキートップを接合しているので、見栄えはいまひとつだが強度は十分で一体化しているので、押下時に壊れる心配はなさそう。
スペースキーの軸穴は黒いゴムシートで塞いだ。
無変換・変換キーにはスタピライザーが付いているので継ぎ足したキーの端(Bキーの下)当たりを押してもひっかかることはない。
  タッチはクリック用の板バネをはずし押下圧約40gのリニアタッチに調整。

スポンサーサイト

[分解・メンテナンス]MacOS エルゴキーボード EZ-9000

見事に飴色に黄変したキーボードがあったので、Retr0briteで黄ばみ取りをするために分解してみた。
メカニカルではないが、キートップを外してみると部品点数の多い贅沢な造りのキーボードだった。
(各写真をクリックすると別画面に大きな写真を表示します)
①外観
EZ-9000
②キートップ除去:軸受けは筐体と別素材
分解01
③下筐体除去
分解02
④コントローラ
分解04
⑤鉄板除去
分解05
⑥メンブレンシート除去
分解06
⑦ラバードーム除去
分解07
⑧軸除去
分解08
⑨軸:足があり底打ち感はグニャリとならない
分解 軸
⑩キートップ交換:なぜかALPS軸と互換がある
キー交換

古いプラスチックの黄変を戻すRetr0brite 実践

黄ばみは、古き良き時代のキーボードの勲章なので、気にしない。どうせ打鍵しているときは画面しか見ていないのだから。と思っていたが、MAKE: Japan : 古いプラスティックの黄変を戻すRetr0briteや@改造工房、みみ太郎奮戦樹脂パネルの黄ばみ、変色を取り除くを読み宗旨替え。
実践してみた。用意した物:花王ワイドハイターEXパワー、パナソニック10Wブラックライト蛍光灯
キー中キー後※画像をクリックすると別窓で大きな画像を表示します。



  キートップ その1

ASkeyboard Sono1の2色成形親指シフトキートップ
ACER KB-109のキートップ
Apple M0166のスペースキーのみ
を適当な透明プラケースに入れ、ワイドハイターEXの原液に浸してブラックライトを72時間照射

Apple M0166のスペースキーは綺麗に黄変がとれたが、他のキートップはほとんど変化なし

キートップ1キートップ2キートップ3キートップ後
  キートップ その2

紫外線がABS樹脂のブタンを刺激して黄変戻しを促すようなので、キートップを並べて、黄変面に紫外線が当たる様にしてみた。
容器に原液を入れるとキートップが浮き上がり反転してしまうので、表面にキッチンペーパを乗せて向きが変わらないようにした。原液はキートップが半分浸かる程度の量でOK。
ブラックライトを照射しただけでは、相変わらず変化なし。直射日光に3時間程当てたら、そこそこ黄ばみがとれてきた。
ブラックライトは電気代の無駄なので、使用中止。
ベランダに3日程置いておいたら、概ね綺麗になった。

マウス前マウス中マウス後  Apple ADBマウス

キーボード筐体を丸ごとワイドハイターEXに浸けるのは大変。5分毎に霧吹きで原液を補充するのは時間が無くて出来そうに無い。ゲル化するのも面倒そうなので、違うやり方を考えてみた。キッチンペーパを原液に浸し黄変面を包めばいいのではと思い、マウスで実験。
キッチンペーパで包んだ物を乾燥防止のため、透明プラケースに入れてベランダに一日放置。結果は上々。ただし側面は日当り具合が悪く黄ばんだままだったので、毎日向きを替えて全面の黄ばみ取り完了。

筐体中筐体後  Apple M0116キーボード上筐体

やっぱりキーボード筐体を丸ごと入れられる透明プラケースは見つけられなかったので、チャック付の透明ビニール袋に入れてみた。ビニールの歪みが紫外線を阻害する事なくマウスと同様に黄ばみが取れた。ただキッチンペーパが皺になったところはムラになるので要注意。ムラになっても、そこを重点的に作業を繰り返せば最後には均等に黄ばみが取れるのでちょっと手間が増えるだけかも。

2009年11月29日追記
その後2台のキーボードの黄変戻しを実施。キッチンペーパより紙おしぼりのほうが皺にならず、破れ難いのでお奨めです。
2013年04月07日追記
え~、いまさらですが、のんびり3~5日くらい時間をかけて黄ばみ取りをする場合は紙おしぼりも大きなビニール袋もいらない事が検証できました。単純に黄ばみ取りをしたいところに毎朝1回ワイドハイターEXの原液を塗り付け、日なたに置けばOKです。

2012年04月16日追記
2年半経過しても、再び黄変すること無く綺麗な状態を保っている。


ご参考 Retr0brite(英文)をつたない英語力で理解した内容は以下の通り。

黄変を戻す論理
黄変:プラスチック(ABS)に含まれる難燃材(ブタン)が酸化
戻し:過酸化水素で酸化した難燃材(ブタン)から余分な酸素を除去
化学変化を促進する素材
紫外線(日光)
酸素系漂白材(TEAD)
プラスチック表面に効率的に塗布する工夫
溶液のゲル化⇒キサンタンガムを混ぜる

マーリンのレシピ
500mlの過酸化水素水(濃度10~15%)
キサンタンガム 大匙1杯
グリセリン 小匙1杯
酸素系漂白材 小匙1/4杯

ロルネのレシピ
200mlの過酸化水素(濃度30%)
キサンタンガム 小匙2杯
グリセリン 小匙1杯
酸素系漂白剤 小匙1/4杯
熱湯 小匙1杯

その他のレシピ
省略

日本でやるなら
「ワイドハイターEXパワー + 直射日光」
これだけでOK


その後、ライオンの手間なしブライトも酸素系漂白剤であることを知り、試してみました。
ワイドハイターEXパワーを使った場合と遜色のない効果があった。
成分表をみると手間なしブライトの濃度はワイドハイターEXパワー半分だが同量で同じ効果が
得られるので、こちらの方がお得です。
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。