You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[親指シフト]Realforce用親指シフト化キットを作る

HHKB Proで話題になっている親指シフト化キットのRealforce用を作ってみました。
キートップのサイズをすき間ができないように少し大きめに変えました。
左親指のポジションは元と同じです。右親指のポジションが少し左寄にできます。

00親キット装着

作り方は、HHKB用と同じです。
01親キット拡大

※親指シフト化キットの原案はもう5年以上前に提唱されていました。
親指シフトもどきキー(1): おくまの部屋(本館) 

親指シフト化キットを作って按配を確認しているときに、気がつきました。
右一列ずらしで[変換]キーが最適な位置になります。大きさもベスト。
特定のPCに常時接続して使う場合は、こちらのほうがお奨めです。
03右一列ずらし
スポンサーサイト

HHKB PRO をハイプロキートップに交換、ついでにラバーも軽荷重に変更

  そのコンパクトさ故に不動の地位を確立していたHHKB PROですが、MINILAにその場を追われあえなく控えの身になりました。
  じっくり弄りまわす時間がとれたので、押下圧25gハイプロキートップに交換して見ました。
  ハイプロキートップは同じキーボードでも打鍵感がまったく変わってしまうため、人により好みが分かれますが、お椀型のキートップの感触がお気に入りです。

00外観(完成)
01外観(前)
02外観(斜め)
03FK211外観  部品を提供してくれるキーボードはJUKIのFK211。カタログはこちら。Celavi-i(PDFです)。 キー押し圧25gの記載があります。独自の日本語入力方式を開発しているため、キートップのかな刻印はJISかなと全然違いますが、打鍵するときは見ないから気にしないことにしています。
05FK211ハイプロ軸  ハイプロキートップは普通のキートップより1.5倍くらの高さがあります。軸受けも嵩高になっていますが、キートップは普通の軸受けでも取付可能です。(普通のキートップをハイプロ用の軸受けに取り付けることはできません。)
06FK211裏07FK211ラベル  キーボードの裏面です。

09FK211東プレロゴ  筐体カバーを開けると、基盤にしっかりTOPREのロゴがありました。
08FK211中身  10FK211中身(裏側)

12FK211基盤取外し13FK211ラバー&リング  鉄板と基盤を固定している無数のネジを外し、鉄板と基盤を分離します。
14FK211ラバー全体  コニックリングを取り除いて25gラバー取り出し完了です。
15FK211ラバー切出  HHKB PROもHHKBProを親指シフト最適化と同様に分解し、ラバードームを取り出します。このラバーを重ねて軸間隔が等しいラバーの場所を確認し、HHKB PROにセットできる大きさにカットします。
16ラバー交換  カットした25gラバーをHHKB PROにセットします。このとき軸が浮き上がっているとラバーの座りが悪いので下ケースと裏返した上ケースを重ねて作業します。
17コニックリングセット  ラバーにひとつひとつコニックリングをセットします。
18筐体組み上げ  基盤を重ねてネジ止めして完了です。
21親指化キット3  余ったFK211のキートップを使って親指化キットもどきを作りました。

  ハイプロキートップの英字キーは配列に合わせて装着します。その他はステップスカルチャに合わせて適当なキートップを装着しました。
  軽荷重・ハイプロキートップの一味違ったHHKB PRO 親指シフト仕様の完成です。
個人的には、普通のキートップよりハイプロキートップが好みです。ホームポジションに置いた指先をすっぽり優しく包み込んでくれる感じがなにより気に入ってます。
22親指化キット装着

[親指シフト]MINILA US67keyに親指シフトキーを追加 その2

SPACEキーを小さくし、できた隙間に[無変換][KANA]キーを追加しました。
[Win][App]キーは使わないので[Fn][ALT]キーをひとつずらしています。
横長の[Enter]キーは右小指で楽に操作できるので、最下段のキーがすっきりしました。
文字キーは茶軸を赤軸に交換し、その他のキーは茶軸linearに改造しました。
快適に親指シフト入力できます。これをノートPC接続のメインキーボードにしました。
  今後、[無変換][Space][KANA]キーを加工してもう少し見栄えを良くする予定。
00完成(上から)
01配線内側(中)  軸を全て取外し、基盤内側の配線を確認した結果、[無変換][KANA]は逆流防止用の素子が無いため、配線が切れていることが分かりました。

12配線内側(右)  なぞです。JP68KEYとUS67KEYの配列は右下の3つのキーが違っていますが、マトリクスパターンは同じでした。何かでJP/USを識別しているはずですが、それが何か分かりません。使用上困ることはないので、追求は次の機会があったらその時にします。

配線変更(最終・拡大)  追加した[無変換][KANA]軸のスルーホールを基盤に空けました。幸いにも、元配線の無いところだったので、断線補修なしです。
  [ALT][Fn]キーは元配線を内側から外側に引き出す方法でパターンカットなしでやってます。このやり方は元配線が100%保証されるので安心してできます。


最終形はこちら(Space2分割)

[親指シフト]MINILA US67keyに親指シフトキーを追加

00粗品を頂く粗品を頂く
  ある日、仕事から帰宅すると見慣れた荷姿だが「粗品」と書かれた心当たりのない荷物が届いていました。中には先日贈ったAS-KB91LRのお礼とのことで、MINILA US67keyが入っていました。
  「部品取りに活用してください」とのメッセージが付いていたが、どう見ても新品で一度もキーボードとしての使命を達成してないものから、いきなり部品取りをするのは忍びないので別の活用法を試してみました。
01開梱02ネジ保管03基盤分離分解


  FILCOに限らず、TECK209やAS-KB91も基盤は日本語/US共用型なのでMINILA US67keyも同じだろうと推測しました。同じであれば、基盤には[無変換][KANA]の配線があるはずなので、これを復活させて親指シフト化を目論見ました。
  まずは、そのままPCに接続しWindowsが日本語キーボードとして認識するか確認しました。結果OKです。これなら[無変換][KANA]が復活できたとき、Windowsも認識してくれるハズ。(Windowsは何でキーボードのJP/US配列判定していのかを知りません)



  作業開始。上筐体カバーをはずします。カバーを止めていたネジは紛失しない様にカバーに着けて保管します。




  ソケットからピンを抜いて基盤と下カバーを分離します。接合部近くの隙間にドライバーを差し込んで、そ~っと広げると楽にはずせます。
04コントローラ(JP)コントローラのチップを比較
  キーボードの心臓部のチップは基盤ではなく、下ケースについています。
左上がUS67Key、左下がJP68keyのものです。(US)のシールが有るか無いか以外の違いが見当たりません。チップは100%同じものと判断しました。念のため(US)シールのあるチップにJP68keyの基盤を取り付けて入力確認しました。68個のキーは全て日本語キートップ刻印通りに入力されました。

05かなパターン復活キーの配線確認
  基盤の[無変換][KANA]の状態を確認します。スルーホールが半田で塞がれています。Cnパターンの配線はテスターで結線確認しました。Rnパターンは逆流防止の素子があってテスターでは結線確認できません。
06軸足加工軸足加工
  配線変更する軸の足は内側に曲げます。厚みがある中心に近い方の軸足は90度にしっかり曲げます。厚みが薄いほうは30度くらに曲げています。
07引回し配線2配線引回し
  とりあえず[無変換][KANA]の復活確認だけを目的にFnキーの配線だけ変更します。
在庫がないわけではありませんが、導電性テープの代わりに100均Shopで水まわりのすき間シールとして売っているアルミテープを使ってみました。軸足を圧着した時の通電感度は問題ありません。
08配線変更(NG)配線変更失敗
  [左Fn]⇒[無変換]、[右Fn]⇒[KANA]の配線変更をして、動作確認しました。が、キーが反応しません。
  キー復活の考え方・手順を見直しても原因が見えません。理屈ではうまくいくはずなので、基盤の外側からは見えない配線に問題があるのかと思い、覚悟を決めて全軸半田取りすることにしました。
  3個ほど半田取りが終わった頃に、Rnパターンの結線確認ができていない事に気づきました。
08配線変更OK配線変更やり直し
  [無変換][KANA]どちらもRnのパターンはR5なので、生きているキーのR5に配線し直しました。
(基盤にキーマトリスクパターンを印刷する様になった理由は知りませんが、メーカの意図に反して改造したがる身としては大変ありがたいことです。)
  ドキドキしながらPCに繋ぎ動作確認しました。結果はバッチリV(^0^)

キートップを交換して、親指シフト化完成!!
   横長ENTERキーも良いですね。MINILA JP68keyとどちらをメインに使うか悩みどこ。
00MINILA_US親指シフト化
   休日だったとはいえ、ここまでの作業は2時間程度で終わってしまった。もう少し楽しめると期待していたのでちょっと物足りない感じ。
   まあ、茶軸は合わないので、これから全軸半田取りして軸交換、軸位置も替えて仕上げていきます。

   素敵な粗品をありがとうございました。

その2へ続く

[親指シフト]MINILAのFnキーを真ん中ひとつに変更して親指シフト化

  Fnキーの入替でひとまず親指シフト入力できる様になりましたが、独立変換型で使うのに親指でEnterキーが押せないのは不便なので、さらなるキー配置変更をしました。

  キーの形状、配置個数はHHKB liteと似ているのに、Enterキーを最下段に置けないのはなぜかな?とMINILAを眺めていて気がつきました。犯人はダブルFnキー。

  Fnキーをひとつにし、代わりにEnterキーを配置すればOK。ではひとつにしたFnキーをどこに配置するのがいいのか?右側に置くと左側のカーソル操作が片手でできず、左側に置けば右側の機能キーを両手で操作することになる。ならばと得意のスペースキー3分割の要領でBキーの下にFnキーを置くことにしました。(左側の写真)

  Fキー、Jキーを基準に親指のホームポジションを考えると親指シフトキーの幅をもう少し広くしたいので、余剰品を加工してキートップを交換しました。(右側の写真)効果は上々。Filco Tenkeylessスペース3分割と同じ感覚でより快適に親指シフト入力できる様になりました。
また、真ん中Fnキーは親指シフトと同じ要領で押せばいいので、こちらの操作も快適です。ほとんどの操作がホームポジョンで出来ます。MINILAは単にコンパクトと言うだけでなく、操作性もTenkeylessより良い感じです。

軸位置を変更しない改良は一旦完了です。(たぶん)

真ん中Fnキー暫定版 4親指シフトキートップ加工1
上の画像も下の画像もクリックすると別窓で拡大画像を表示します。
真ん中Fnキー
  元のスペースキーを一文字サイズのキートップに交換し、空いた隙間に綺麗に親指シフト用のキートップを配置するには、軸の取付位置をずらす必要があります。既存の軸を全て取外す大がかりな作業になるので、今回は軸位置を替えない方法で対応しました。(楽しみは後に残しています)
再配線変更  導電性テープはそのまま使えるので、基盤側のキー接続先を替えるだけです。左Fnキーに繋いでいた線は撤去し、新たにEnterキーに繋ぎました。正味15分くらいで配線変更完了です。
下筐体との組み合わせ   配線変更のために、上筐体をはずし、下筐体と基盤を分離します。下筐体と基盤は左の写真の様に直付けされたソケットとピンで繋がっています。基盤を垂直に持ち上げないと、ピンを曲げたり、ソケットを破損しそうなので、慎重に分離します。ソケット近くの下筐体と基盤の隙間にドライバーを入れ少しずつ基盤を分離する様にしています。
   組み立てる時は、ソケットにピンが正しく合わさっているかを確認して押込みます。USBコネクタが邪魔をしてソケットとピンを隠すので結構、精神的に疲れる作業です。
5親指シフトキートップ加工2     親指シフトキーの拡幅です。
  cherry軸はALPS軸に比べキートップの接合強度が弱いので、スタビライザー無しで引っ掛かりなく押下できるキートップの幅はCapsLockキーが限界だと思っています。軸の中心から文字キー1個分の幅です。
  余剰キートップをあれこれ合わせた結果、文字キー2個半幅のキートップを使う事にしました。テンキー部の+キーとEnterキーです。そのままでは、外側のキートップと干渉するため、端をノコギリで切り落としました。見栄えは悪いです。キートップの端を押すとキートップが斜めに沈み込みうまく押下できないので、スタビライザーの金具受けをストッパーとして着けてみました。いい感じです。
6軸固定強化  テスト打鍵をすると、同時打鍵文字がうまく入力されない事が多く、導電性テープと圧着している軸足の接触不良が顕著になりました。キートップの着脱を繰り返す打ちに圧着度が悪くなった様です。軸を着け直しても改善されません。軸自体が鉄板にしっかり固定されておらず、横幅のキーでは軸がぐらついて接点が安定しない事が判明。軸穴に紙片を挟み込み軸を固定する事で接触不良は解消できました。


一旦完了と言った舌の根が乾かぬうちに、また改変してしまいました。(^^;)
7親指キートップ改1
  親指シフト用キートップをカットしないで、スタビライザー金具受けの穴で軸に取り付けて見ました。真ん中にストッパを付けてます。見栄えは少し良くなったかなと思いますが、機能的には変わっていません。Fnキー側の端を押してもひっかかり押下できません。ストッパの上当りが正常に押下できる限界です。
   それでも、自然体で打鍵していて誤入力になるのは「よ」を打つときだけです。普段はJキーの下にいる右親指が「よ]を打つときだけ、左に寄る様です。思わぬところで自分の癖が分かりました。
   キートップの真ん中からちょっとずれた部分で結合している軸を勝手に偏向軸と呼んでいます。今回の親指シフトキーがそれです。引っ掛かりの要因が押下圧かも知れないと考えスプリングカットしました。ビンゴですV(^0^)。Fnキー側の端を押してもスムースに押下できるようになりました。「よ」の字も気楽に打てます。

9親指キートップ改3

英語配列のMINILA US67KEYの親指シフト化はこちら。
MINILAUS67keyに親指シフトキーを追加

[親指シフト]キーボードを造る(AS-KB91LR:cherry赤軸+茶軸改linear)

  当人は、まったくご存じない事ですが日頃有益な情報を提供頂き、非常に感謝している方がいます。
漫然と誰に使って頂けるか分からないキーボードを造るより、贈る相手が明確なほうが造る楽しみが大きく
当人に断りなく、贈呈用に改造したものです。

  ベースはI-T Touch 日本語かなありTenkeyless Cherry赤軸 AS-KB91LR。
  見た目で分かるカスタマイズは、スペースキーを3分割した事とJISかな表示を隠した事、親指シールを貼った事、親指シフトキーに特大パッドを付けた事くらいです。
  打鍵感は現物を使って頂かないと、貧弱な語彙の言葉では伝えられないものですが、
主観的にはオリジナルの赤軸より、滑らかな押し心地、緩やかな押し戻し、耳触りの良い打鍵音に仕上がったと思っています。
00完成
  http://hieroglyphe.blog47.fc2.com/blog-entry-36.htmlで書いた様に、[変換][無変換]キーは親指シフトキーに特化させ、変換は[Space]、確定は[Enter]、無変換は[Shift+無変換]で行っているので、こんな配線変更になっています。共用型で使う場合も親指で[Enter]が押せるのは、便利だと思います。
01特大親指パッド(前)02特大親指パッド(斜め)
上の画像も下の画像もクリックすると別窓で拡大画像を表示します。
03赤軸(三分割)  スペースキー3分割
  Bキーの直下にスペースキーの軸があるので、スペースキーを一文字サイズに変更し、空いた隙間に親指シフトキーを増設します。
この隙間にフィットするcherry軸のキートップを持っていないので、余剰キートップを豊富に所有しているALPS軸で増設しました。
04 増設軸合わせ  鉄板加工
  増設軸用の穴を鉄板に空けるため、全軸半田を吸いとり鉄板と基盤を分離します。昔のALPS軸のキーボードに比べcherry軸のキーボードは半田の粘つきが少なく簡単に吸い取れるので作業が楽です。
  鉄板にキートップを付けたALPS軸を重ねて、軸穴の位置決めをしケガキします。ケガキに沿って小型の金ヤスリで軸穴を空けます。
  鉄板の硬度が低い様でそんなに力を入れなくても30~60分くらいでひと穴空けられます。作業時間に幅があるのは、最初の粗削りは30分くらいでできますが、最後は削り過ぎない様にひと削り毎にALPS軸を当てながら、穴の大きさと向きを加減するためです。

05増設軸スルーホール穴あけ06断線補修  基盤加工
  鉄板に軸穴があいたら、そこにALPS軸の下ケースをはめ込み、鉄板と基盤の位置合わせをしてハンドドリルで1.5mmのスルーホールを空けます。
  スルーホールを軸の上辺、下辺どちらに空けるかは元配線の断線被害が小さい方を見極めて決めます。今回は見極めを誤り無変換キー用のスルーホールで細い3本の密集配線を分断してしまったので、断線修復に少し手こずりました。
07 鉄板ダンプ&セルスポンジ(全体)  打鍵感改善対策
  具体的にどの対策で何が改善されるのかは特定できていないのですが、鉄板重量化と吸音スポンジで基盤と鉄板の隙間を充填します。
  鉄板は裏側に0.3mm厚の鉛シートを張り詰めました。他のキーボードでは1.0mm厚の鉛を張り詰めたことがありますが、鉛の重量によってどう打鍵感が変化するかも把握できていません。なんとなく重いほど音が丸く優しくなる様な気がしますが定かではありません。
  隙間の充填は0.5mm厚のセルスポンジを鉄板の軸穴部分をくり抜いて、はめ込める様にします。
茶軸改リニア化11 スムーズエイド
  軸加工&潤滑剤塗布
  cherry軸はALPS軸と違って、鉄板マウントした後では軸分解ができないため、はやる気持ちを抑えて、軸加工やメンテナンスを組み上げ前にします。
  茶軸を加工してタクタイル感をなくし、赤軸のようなリニアタッチにする実験が完了したので、実機に使用しました。とはいえ、加工のばらつきは否めないので、文字キーを避けファンクションキーや一部の機能キーを茶軸改linearにしました。
  赤軸を素のままで親指シフト入力したのはMINILAが初めて。いままではスペースキー分割前はポツポツと動作確認打鍵をしただけでした。このときから、なんとなく新品の赤軸なのにカサカサ感があるかなぁと感じていましたが、MINILAを使ってみて確信しました。カサカサ感解消のため、全軸を分解し乾式潤滑剤スムーズエイドを2度塗りしました。効果は上々です。cherry軸はバネ受けの突起があり、座りが悪いのでスムーズエイド乾燥用の台を作りました。ドリルで3mmの穴を空けただけですが。
09セルスポンジセット拡大  組立
  鉄板に全ての軸を向きに注意してセットした後、セルスポンジを軸の間にはめ込みます。
  次に各軸足がスルーホールを通るように、基盤を重ねます。鉛シートとセルスポンジの厚さで基盤が浮いた感じになっているので、真ん中を押さえて、真ん中の軸の軸足を折り曲げます。同様に4隅の軸足も折り曲げてから、他に浮いた箇所を捜しそこの軸足も折り曲げます。
  鉄板と基盤がしっかり固定できたら、配線変更に関わらない軸の半田付けをします。
10配線変更  配線変更
  基盤の写真を撮り、配線設計します。最近の基盤は各軸ごとにマトリクスパターンコードと思われるC99、R99の番号が印刷されています。配線変更する軸のマトリクスパターンコードを確認し、同じコードを持つキーを搜し、両者の結線図を写真に描いていきます。
  C99のパターンは単純イモズル配線なので、テスターで配線の読み違いがないことを確認できます。R99のパターンは各キーごとに逆流防止用のダイオードが配置されているためテスター確認ができません。こちらは、目を細くして念入りに読み違いがないことを確認します。
  配線方法が決まったら、後は適当な長さに切った導線を半田付けするだけです。取扱が楽なのでエナメル線を使っています。

11軸装着  導通確認
  筐体カバーを着ける前にPCに繋ぎ、断線やショートがない事を確認します。案の定、密集配線を断線させた部分に修復不備が見つかり、2回ほど配線補修をやり直しましたが、概ね大過なく完了。
12キートップ鉛貼り  キートップ加工
  昔から2色成形の重量感のあるキートップの打鍵感がよいと言われているので、キートップの内側に鉛シートを貼り重量化しました。48個のキートップに総量45gの鉛シートを張り付けたので、1キー当りの重量増は1g未満です。
  JISかな隠しはこちらにまとめました。
  親指シフトシールはこちら
  特大親指パッドはこちらです。

打鍵音
cherry赤軸(ARCHISS改造後)
cherry赤軸(MINILA)
録音環境がいい加減なので、生で聞いている音が再現できていませんが、違いがわかりますか?

[小ワザ]フリーソフトでカーソルキーを文字キーに割当(AUTOHOTKEY)

MINILAを購入して左手でカーソル操作ができる便利さを認識したので、他のキーボードでも同様の操作ができる様に、AHOTKEYのスクリプトを実行ファイル化して手持ちのPCにインストールしてみた。

AutoHotkeyJpによると「AutoHotkeyはオープンソースで誰でも制限無く利用出来る※1Windowsプラットフォームで動く強力なスクリプトエンジンで、キーボードやマウスをカスタマイズしたり、ウィンドウ操作を自動化したりできます。」とのこと。

早速Win7 64bit環境にAUTOHOTをインストールして、以下のスクリプトをテキストエディタで作成。
内容は
左ALT+A 左カーソル移動(←)
左ALT+S 下カーソル移動(↓)
左ALT+D 右カーソル移動(→)
左ALT+W 上カーソル移動(↑)

----------------------------------------------------------
; left alt単体を無効化
LALT::
return
; left alt + adswでカーソルキー
Send,{Left}
return
Send,{Right}
return
Send,{Down}
return
Send,{Up}
return
---------------------------------------------------------------
作ったファイルに適当な名前を付け、拡張子.ahkで保存する。今回はALT_cursor_uni.ahkと名付けた。
AUTOHOTKEYをインストールしたPCは、このALT_cursor.ahkをダブルクリックして実行すれば
いいが、AUTOHOTKEYをインストールしていないPC(WinXP 32bit)でも使いたいので、実行形式にコンパイル。
コンパイラはAUTOHOTKEYインストールフォルダ配下の¥CompilerにあるAhk2Exe.exeをダブルクリックで起動。
以下の画面にソースファイルと作成するexeの動作モードを指定し[Convert]ボタンを押すだけ。
AUTOHOT_コンパイル
まだ、左手でカーソル操作することになれてないので、意識しないと右手でカーソル操作してしまうが、
じきに慣れると思う。

[参考記事]
窓使いの憂鬱からAutoHotkeyへ移行: 私家版 ITプロフェッショナルの仕事術
最近のキーバインド。with AutoHotkey
AutoHotkeyを流行らせるページ
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。