You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[親指シフト]OASYS30AXキーボードのPS2変換器(FM-TOWNSキーボードも可)

5年ほど前に入手したものですが、OASYS30AXやFM-TOWNSの親指シフトキーボードのPS2変換器の紹介です。
PS2-USB変換器をつなげばUSB接続でも使用できます。
変換器はJIS日本語キーボードインターフェースに変換するものなので、親指シフト入力にはJAPANISTややまぶきなどの擬似エミュレーションソフトを使います。
Windows7(64bit)環境で快適に使えます。

OASYS30AXとPS2変換器
PS2OASYS変換器

制作者のHPはこちら
チューニングファクトリー UNTRUST(旧屋号:相模原ガジェット製作所、きぃぼぉ堂)
No Risk No Fun UNTRUST | アントラスト

PS/2-FMRキーボード変換器
キーボード | Keyboard

PS2OASYS(for FMR)取扱説明書
PS2OASYS取扱説明書

 この変換器はつなぐキーボードに合わせて、内蔵の変換テーブルを利用者が変更することができる優れものです。
取扱説明書では変換テーブルを全面的に書き換えることでOASYS30AX/SX401用キーボードで使えると書かれていますがデフォルトのままで十分使えます。FM-TOWNSキーボードもデフォルトで使えます。
 すでに製造は終了しているようですが、掲示板に購入希望を書き込めばまだ作っていただけるかも知れません。
  (希望的推測です。確証はありません。)

※変換テーブルの修正方法
 取扱説明書の6.EEPROMのマップが変換テーブルの内容です。16進数の羅列を少し見やすくしたのが以下の表になります。
キーボードから入力されるスキャンコード(黄色)が表の座標位置を示し、表のコード(白色)がPCに送信されます。
青色はキー刻印とPCに送信されるコードが異なる部分です。
赤色は初期値を変更した部分です。
 ポイントは「左親指シフト0x67」「右親指シフト0x68」「無変換0x57」「変換0x58」です。
左親指シフトが無変換、右親指シフトが変換になっているので、キーは独立変換型だが、共用変換型で使用することになっています。無変換をEnter、変換を空白に変更することで独立変換型で使えるようにしました。
PS2OASYS(FMR)マップ
(表は縮小表示しています。表をクリックすると別窓に拡大表示します。)

キーボードスキャンコード(変換器がキーボードから受け取るスキャンコード)
oasys30
fmr60kb212
PS2JISキーボードスキャンコード(変換器がPCに送出するスキャンコード)
ps2kbd
スポンサーサイト

[改造]FM-TOWNS親指シフトキーボードのUSB化 その1

コントローラを自作してUSB化するのは、敷居が高く実現に数年かかりそうなので、既存のUSBキーボードのコントローラを移植する方法を試してみました。

いくつかのキーは使えませんが、それなりに快適に親指シフトができるものが出来ました。
PowerとSleepは危険なので、キートップを外しています。
オリジナルのキートップはFKB8579-661移植しているので、代わりにJISキートップを付けています。

00USB化その1

コントローラはノーブランドのMODEL:K7000キーボードのものを使いました。
B下割れの形は理想的ですが、軸ぶれがひどく使用に耐えない残念なキーボードです。(捨てないで良かった)
02K7000

取り出したK7000のコントローラです。
03K7000コントローラ表04K7000コントローラ裏

12keymill コントローラをPCにつなぎ、縦線と横線を針金で順番にショートさせてキー入力します。
 KT Software - Keymillというツールで入力されたキーを確認し、マトリクス表を作成します。

K7000とFM-Townsのマトリクス表を眺めて、縦線・横線のつなぎ方考えます。
キーコードは気にしないで、K7000のキー入力可能なマトリクスにより多くFM-Townsのマトリクスを合わせる様にします。
06k7000マトリクス05FM-TOWNSキーマトリクス2
 別々に眺めていても、見切れないのである程度当たりをつけて二つのマトリクス表をマージします。
使えないキーをチェックして文字キー、親指シフトキーなど必須キーが使える組み合わせを探ります。
話が前後しますが、7番線を繋ぐとなぜかALT+Tabが無限入力されるので、7番線は使わない様にしました。
07マトリクスマージ
 表から見てFM-Townsの配線が左側、コントローラ装着位置が右側になるので、接続用のリード線を表側に引き出し、不要なICチップを取り外した穴を利用して裏側に廻す様にしました。この際、リード線の並びがコントローラ側と同じになるようにしています。
 引き回したリード線をコントローラにハンダ付けします。コントローラの接点は炭素膜で覆われていてハンダ付けできないので、あらかじめ炭素膜を削り落としています。
08K7000用配線10K7000ハンダ付け
キーボード改造はこれで完了です。(キー刻印と入力される文字は一致していません)
11K7000コントローラ装着

12keyswap Keyswapというツールを使って、Windowsのキーマップ定義を書き換えることで、キー刻印と入力される文字を一致させます。変更情報を登録してWindowsを再起動すると普通にFM-Towns親指シフトキーボードが使える様になります。

 この方法の欠点は、他のJISキーボードが使えなくなる事です。
13FM-TOWNSキースワップ

[分解]富士通板バネスイッチ分解

Rboard Pro for PCの接点不良キースイッチを交換したついでに、とりはずした板バネスイッチを分解してみました。
不良キー(R2)
板バネスイッチ外観外観です。
4本足ですが、青丸の3本は繋がっています。
板バネスイッチ分解分解
緑丸部分のプラスチックを削り取り板バネを分離します。
絶縁用の透明箔と接点用の銅箔はただ重ねてあるだけなので、簡単に外れます。
接点用銅箔は中心部分が凸型になっていて、板バネを押すことでONになる構造です。

取り外した不良キーです。壊れた状態で入手したので壊れた原因は不明ですが、
左側のスイッチは銅箔が腐食しています。何か飲み物を溢したことがあるのかも。
真ん中のスイッチはなんと銅箔がずれてます。結構高いところからキーボードを落としたことがあるのかも。
不良キー

[親指シフト]FM-TOWNS親指シフトキーボードのキーマトリクス

USBキーボードに改造する目的でキーマトリクスを解析しました。
0Towns外観
赤枠部分に縦線と横線が集約されてます。
1基板配線
縦線16本×横線8本のマトリクスになってます。
2縦線横線
3FM-TOWNSキーマトリクス
キー名の下の数字はUSBスキャンコード。赤色は該当なし。

[親指シフト]Rboard for PC を USB接続で使う方法

 親指シフターの評価が高いRboard Pro for PCはPS2コネクタなので最近主流となっているPS2端子の無いPCに繋ぐためにPS2・USB変換ケーブルが必要です。
 PS2・USB変換ケーブルも相性が厳しく、現状問題なく使える事が確認できているのはRC-U2MKくらいです。
 さらに、Rboard ProをカナONの状態で使用すると、数字キー1、2などを押したときIMEが英数モードに替ってしまったりしてモード合わせを都度手動でする手間で気持ちよく文書入力することが出来ません。
 カナOFFの状態であれば、普通のJIS日本語キーボードとして安定した入力ができます。PC側にやまぶきRや快速親指シフトなどの擬似エミュレーションソフトを入れれば親指シフト入力もできます。
 ただし、左右の親指シフトキーがSPACEになってしまうので、手前の小さな無変換、変換キーで親指シフトする必要があり、実用的ではありません。
 この問題をRboard Pro for PC付属の「Rboardアシスト」アプリで解決します。
 ※Rboardアシストはキーボード側でハード的にキー配列を変更するアプリです。
  左親指シフトキー → 無変換キー
  右親指シフトキー → 変換キー  に変更します。
 これで、USB接続のWindows7(64bit)+やまぶきRで快適に親指シフト入力出来るようになりました。
 (MACでも普通のJIS日本語106キーボードとして認識される様です。)

 とはいえ、古いアプリなので、それなりの環境を用意する必要があります。
 製品付属のFDに入っているRboardアシストはWin95~98、NT4.0用なのでいま使っているWindows7(64Bit)では
動きません。WindowsXP用のRboardアシスト(RbPro_0526.exe)がリュウドウのHPで配布されていましたが、サポートが完全終了し今は入手できません。(facebookの親指シフトグループで相談し入手しました)
 Windows7対応版はないので、PS2端子のあるWindowsXP以前の環境が必要になります。

 もう使わなくなって久しいPS2端子付のAT互換PCを物置から出し、WindowsXP SP2をクリーンインストールして作業環境を整えました。がRboardアシスト(RbPro_0526.exe)をインストールしただけでは、すんなり動いてくれませんでした。RbPro_0526.exeが最新版ではないのかも知れませんが、これしかないので格闘です。
以下はその顛末記です。

【Rboardアシスト起動エラー】
 WindowsXPをクリーンインストールし他のアプリは何もインストールしていないのに、以下のエラーで起動できません。(;。;)
01起動エラーメッセージ
Rboard Pro 用のキーボードドライバがインストールされていない、もしくはマウスドライバのインストール等でi8042prt.sysファイルがRboard Pro未対応の物になっています。
このままだとRboard Proを正常に使用する事ができませんので、Rboard Pro用のキーボードドライバをインストールしてWindowsの再起動を行ってください。


 デバイスマネージャでキーボードドライバを確認すると、英語キーボードになっていたので日本語キーボードに変更しました。が起動できません。
 Rboardアシストを互換モードで起動して見たところ、正常に起動しました。
 とりあえずバージョンを確認しました。
02アシストバージョンall

【データ転送エラー】
 配列変更定義は問題無くできましたが、そのデータをキーボード本体のフラッシュROMに転送できません。
05転送エラーメッセージ

【i8042prt.sysを強制的に入替
 起動エラーメッセージに書かれているi8042prt.sysは調べてみるとキーボードドライバーの様なので、フォルダ検索してみると、Rboardアシストインストールフォルダ配下に旧いi8042prt.sysを発見。
 実際に動いているのはC:\Windows\System32\driversのi8042prt.sysなので2世代旧いことになる。この世代差がRboardアシストのインターフェースに影響しているのかも知れない。
06検索結果
07ドライバフォルダ
 壊れても惜しくないシステムなので、safeモードでWindowsXPを立ち上げてC:\Windows\System32\driversのi8042prt.sysをRboardアシスト付属の旧いものに置き換えて見たところ、互換モードにしなくてもRboardアシストが正常に起動しました。\(^_^)/
08システムファイル置き換え
バージョン表示がちょっと変わりました。
09アシストバージョン
【フラッシュROMイメージの変更】
 無事に起動できたので、ユーザーズマニュアルの手順に沿ってキー配列を変更しました。
12キー変更起動 キー配列変更ユーティリティを起動し、ROMイメージ「親指ひゅんQ向け」を選択
 親指ひゅんQという名前に時代を感じますが、擬似エミュレーションで親指シフト入力するためのROMイメージです
13親指ひゅんQ初画面14キー変更
 付属の親指ひゅんQ向けイメージは左右の親指シフトキーを無変換・変換に換えるだけでなく、赤丸部分もJIS配列的に換える様になっているので、ここはキートップ通りになる様に変更しました。またAキー左はCapsLock派なのでここも入れ替えます。最下段の無変換・変換キーはATOKでの使い勝手を良くするため、EnterとSpaceに換えました。
15保存16保存変更した配列定義をオリジナルのROMイメージとして保存します。

フラッシュROMイメージの転送ポップアップに「はい」をクリックすると転送処理が起動されます。「転送開始」をクリックして転送処理が終わるのを待ちます。
17転送起動
18転送開始
転送処理中はキーボードのRランプが点滅しています。点灯に変わるまで、じっと待って完了です。転送処理は1分程度で終わります。
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。