You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[親指シフト]ASKeyboardやRboard for MacをOSフリーのUSB親指シフトキーボードに改造する

 Rboard for MacやAskeyboardはコンパクトで打ち心地の良い親指シフトキーボードですが、
[親指シフト]ASKeyboardやRboard for MacをWindowで使う方法 - かもめ~る通信
に書いたように、今では入手困難な特別なアダプターが必要です。

 エスリルキーボードの制御回路は部品点数が少なく、シンプルなのでRboard for Macのエンコーダをエスリル仕様に交換しました。
 見た目はケーブルがUSBケーブルに変わっただけですが、キーボード側で親指シフト入力するので、PC側にJapanistや「やまぶき」などの擬似エミュレーションアプリを必要としません。MACでもUSBに繋ぐだけで親指シフト入力できるOSフリーな親指シフトキーボードになりました。
00 Rboard外観(表) 00 Rboard外観(裏)

01 RboardforMacコントローラ◆既存の制御基板、部品の取り外し
Rboard for MacはもともとAskeyboardをMac仕様に改造したものなので、本来コントローラチップがあるところに増設された制御基板が載ってます。この増設基板とその他の制御部品(LED部分以外)を取り除きます。
 取り除いた部品に繋がっていたプリント配線は全てパターンカットします。

◆部品を取り除いてできたスペースにエスリル制御回路用の部品を載せ配線します。
 制御回路の配線が終わったところでHIDbootloaderだけを書き込んだPIC(18F8445)を着け、PCに繋ぎ正常にキーボードデバイスとして認識されることを確認します。
01 Rboard中身(表)03 エスリル自作制御基板配置図
◆Rboard for Macのキーマトリクスを解析します。たまたまですがエスリルと同じ8×12のマトリクスだったので、
そのまま配線が使えました。ただColumn側配線の逆流防止素子は極性が逆になっているので、全てジャンパー線を繋ぎ無効にしました。
 解析したマトリクスパターンに合わせてPICに配線します。
04 Rboardキーマトリクス02 Rboard裏配線
◆エスリルファームのソース定義を修正しHEXファイルを作ってHIDbootloaderでPICに書き込み完成です。
 もともとのエスリルファームはR1C2が空きになっていますがファーム内部の制御用(VOID_KEY)に使っているのでRboardマトリクスの空きR5C10に割り当てを変更しました。
05 エスリル仕様キー配列06 Rboard_esrilleキー配列

◆エスリルファームは複数のマトリクス定義を切り換えて使うことができる優れものです。
 通常のJISキーボード仕様のマトリクスも定義しました。こちらはJapanistや「やまぶき」を使って親指シフト入力するときに使います。
07 JIS仕様キー配置08 Rboard_JISキー配列

※この記事は、完成したRboard(もうfor Macではありません)で書きました。快適です。

追記
ファームウェアを改造して、OASYS時代の操作性を可能にしました。
[親指シフト]専用ファームウェアを作成
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。