You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FMV-S8360パーティション区画変更

 メインで使っていたノートPC(FMV-613MG5)のファンが五月蠅くなってきたので、FMV-S8360に交換した。
最近というか2009年以降のFMVはリカバリデータをHDDに格納するいわゆるDtoDリカバリ方式になっている。
FMV HDD領域構成
 Windowsの基本領域は4つしかないのに、そのうち2つを使用頻度がほとんどないDtoDリカバリに占有されるのは
使い勝手が悪いので、削除することにした。


1.外付けUSB接続HDD接続
2.イメージバックアップツール フリーソフトをEASEUS Todo Backup Home 2.0からダウンロードしてインストール
3.パーティション変更ツール フリーソフトをEASEUS Partition Master Home Editionからダウンロードしてインストール。
4.Boot.iniファイル編集
 RE領域を削除しCドライブを先頭パーティションにするため、Boot.iniを変更する。

 [boot loader]
 timeout=3
 default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS
 [operating systems]
⇒multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional 1" /fastdetect /NoExecute=OptOut
 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Windows XP Professional 2" /fastdetect /NoExecute=OptOut

5.Cドライブ、Dトライブのイメージバックアップ
EASEUS Todo Backupで外付けHDDに保存。
6.EASEUS Partition Masterを起動して
 RE領域削除
 CドライブパーティションをHDDの先頭にシフト
 リカバリ領域削除
 を指示して実行。 ⇒ 自動的にシステム再起動され区画変更が実施される。
7.区画変更後のシステム起動画面が出たところで、Boot先にパーティション1を指定。
8.Boot.ini編集
 無事に起動できたら、デフォルトのブート先を1に変更

 [boot loader]
 timeout=3
 default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
9.Cドライブ以外の領域を好みに合わせて作成
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.11.30| | # [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。